1999/5/1-15 solo exhibition in midvanii gallery

画像をクリックして詳細へ


 




「 カガミの透間、零れたヒカリ。」

 





 





今、剥がれ落ちた皮膚と、

そこに転がっている石と、何が違うのか。




 

 






 

 





どこにでも、ぶつかる世界。


 

 





花は摘むもの。土は掘るもの。


 

 

 

 

 

「 君ヨ、君ヲ、遠クノ君へ、投ゲ込ミタマヘ。」

芳村俊一 著「 遊んだ紙屑 」より


 

 




 

 

 




 

produced by maguma 1999/11 9905